契約の時は直接会うのが一般的

面談

通常は、まず探偵社にアポを取って、無料で面談してもらうのが一般的です。
そこで話を聞いてもらってから、契約するか考えるのですが、中には探偵と顔を合わせずに契約したいと思う人もいるでしょう。

 

ただ、近くに探偵社がないという場合もあります。
急いでいる、面倒くさい、人と会うのが嫌い、出かける時間がとれない、他人に見られるのではないか不安、などなど、会わずに依頼したい理由もさまざまでしょう


探偵業法により、契約に関する手続きが決まっている

2007年に施行された、探偵社が守るべき法律があります。それが探偵業法(探偵業の業務の最適化に関する法律)です。
それにより、契約締結前に「重要事項の説明」や「利用目的の明示」などの手続きが定められています。これらの手続きを省略して契約することはできないため、基本的には面談して契約するという探偵社がほとんどです。
それを行わずに調査を開始するところは、違法業者ということ。最悪の場合は、調査もせずに料金だけ請求する悪徳な詐欺業者の可能性もあります。

 

会わないで契約してくれる業者も

面談をしなくても、電話やメールだけで契約、調査、報告をしてくれる探偵社もあります。ただし、会わないでやりとりをする場合でも、郵送された契約書に判子を押して送り返すといった手順が必要になります。そのため、今日調査して欲しいなど、急ぎの場合は会わないのは難しいです。

 

携帯番号などから持ち主の氏名を探すなど、データベースから情報を検索する「データ調査」の場合は、会わずに契約するのが普通でしょう。ただし、この「データ調査」は、違法な方法で集められた情報を扱う可能性が高いです。安易に利用すべきではありません。

 

会うことのメリット

実際に会うと、様々なことがわかります。

 

相手の事務所の様子が分かる

近くの喫茶店まで来てくれると言われたとしても、できれば相手の事務所まで行きたいところ。事務所の無い探偵がすべて怪しいわけでは無いですが、集客だけして実際の調査は外注というケースもあります。やはり、ちゃんとした事務所で相談にのってもらえると安心ですよね。

 

相談員や調査員の人柄がわかる

メールの文章だけでは、その人がどんな人かはなかなかわかりません。電話でも同じです。
実際に顔を合わせることで、自分との相性も含めて、信頼できる人かどうかがわかるでしょう。大きな調査会社だったら、担当者を変えてもらうことも可能です。

 

分からないことを直接質問できる

会って話すと、その場で疑問点は質問できるし、資料もすぐに出てきますよね。何回もメールをするよりも効率が良いかもしれません。
また、カウンセラーの資格をもった相談員がいる探偵社も増えています。丁寧な聞き取りをしてもらうことで、ピッタリの調査プランを考えてもらえます。

 

どうしても会いたくない場合

可能であれば、いくつかの探偵・興信所にアポを取って、事務所を訪ねて受けた提案を比較するのがおすすめです。
それでもどうしても会わずに契約したいなら、悪徳業者にだけは注意して下さい。
成功率100%などと、誇大広告の恐れがあるところ、あまりにも安い料金を言ってくるところは避けた方が無難です。本当の事務所の住所が不明なところ、転送電話や電話代行サービスを利用していることろなども要注意です。
日本調査業協会の会員である、各都道府県の調査業協会などの業界団体に所属しているかどうかも、ひとつの目安となります。

 

ちなみに、匿名で探偵に調査を依頼することはできません

探偵業法により、契約書を交わさなくてはなりませんが、当たり前ですが契約には本名を書く必要があります。
探偵業界としては、調査結果を犯罪に利用されないように慎重にならざるを得ないのです。匿名での調査OKとホームページに書いてある場合は、以前の表記がそのままになっているだけの可能性があります。

 

ただ、無料相談や簡単な見積もりなどは、匿名でも受け付けてくれる探偵社が増えています。

 

調査依頼が初めての方は、こちらもチェックしておきましょう。→正しい探偵の選び方